HOME > 連携セミナー > 『知的財産管理の知識を生かした「事業承継コンサルティング」を学ぶ』
FAQ
ipa175_new.jpg
ipac175.jpg
iplseminer.png
BUILD.jpg
国家試験知的財産管理技能検定
kai_bnr.png
知的財産研究所
csme_bnr.jpg
banner_mouke.jpg
 
AIPE_top.pngcsme.png


『知的財産管理の知識を生かした「事業承継コンサルティング」を学ぶ』


セミナー概要

テーマ 『知的財産管理の知識を生かした「事業承継コンサルティング」を学ぶ』
研修のねらい

日本の経済を支える企業の99.7%が中小企業です。ここ数年間、毎年4万社余りの中小企業が、休業や廃業、あるいは解散に追い込まれています。経営の承継に関する相談に応じる公的機関、事業承継・引継ぎ支援センターが2020年度に受けた相談件数は1万1686件で、過去最高となりました。中小企業の多くが跡継ぎ問題を抱え、存続の危機にさらされています。

現在、経営者の平均年齢は60歳を超えています。60歳以上の経営者の52.6%が「廃業を予定している」とアンケートに答えています。
事業承継がうまく行かないのが大きな原因の一つです。経営者の多くはアンケートに「何から始めればよいかわからない」「誰に相談すればよいかわからない」と答えています。事業承継を行いたくても、相談する人がいないと感じている経営者が多いのです。

事業承継は①人(経営)の承継 ②資産の承継 ③知的資産の承継、
に分類されますが、特に経営者の相談にのれる人材が足りない分野が、知的資産の承継です、知的財産は、この知的資産に含まれます。

皆さんがお持ちの知的財産の知識は、事業承継を支援するうえで大きな武器となります。その知識をどのようにしたら、支援に生かすことができるのか、ヒントをつかむのがこの研修の狙いです。

研修内容 事業承継には、どのような形態があり、承継すべき資産にはどのようなものあるのか。事業承継の進め方や有効なツールにはどのようなものがあるのか、などを見てゆきます。そのうえで、知的資産の承継を行う勘どころについてお伝えしてゆきます。
プログラム 1.  事業承継の重要性と現状
1-1. 中小企業の事業承継を取り巻く現状
1-2. 後継者確保の困難化
1-3. 誰に引き継ぐか
1-4. 親族内承継が減少
1-5. 知的財産の位置づけ
2.    事業承継に向けた準備の進め方
2-1. 事業承継に向けた準備
2-2. 事業承継に向けた5ステップの進め方
3.  知的財産の事業承継
3-1. 知的財産の専門家が事業承継を支援するポイント

▲ページトップへ

 

開催概要

主催 知的財産教育協会、資格の学校TAC
日時 2021年12月10日12:00〜12:50
配信方法 オンライン(zoomミーティング)
参加費 無料
申込締切 2021年12月8日

 

動画配信


 

 

講師プロフィール

 

yoshiro.fukumoto.jpg

 福本 芳朗 氏 ( フクモト ヨシロウ )
 CFP®認定者/1級FP技能士/社会福祉士/キャリアコンサルタント
一般社団法人 くらしの資産設計支援機構 代表理事


■ 略歴 ■

慶応義塾大学商学部卒業。米ノースイースタン大学大学院修士修了(M.A)
テレビ局の経済、政治、外信記者として長年勤務。ロンドン支局長、報道番組部長などを経て独立。資格の学校TACのFP講座講師として活躍する傍ら、教育機関、公共団体、企業などで講師を務めながら、数多くコンサルティングを行う。

■ 関連講座 ■

TAC FP(ファイナンシャルプランナー)講座
相続検定
経営承継アドバイザー


▲ページトップへ

 

お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | サイトポリシー
© 2008 Association of Intellectual Property Education All rights Reserved.